その5ライブ編・・晃ライブinまほろ座MACHIDA

2019.4.21晃ライブinまほろ座MACHIDAに行って来ました
画像


出演者&楽器紹介・・晃ライブinまほろ座MACHIDA
https://akira-guitarsong.at.webry.info/201904/article_24.html

曲目リスト・・晃ライブinまほろ座MACHIDA
https://akira-guitarsong.at.webry.info/201904/article_25.html

その1ライブ編・・晃ライブinまほろ座MACHIDA
https://akira-guitarsong.at.webry.info/201904/article_34.html

その2ライブ編・・晃ライブinまほろ座MACHIDA
https://akira-guitarsong.at.webry.info/201905/article_11.html

その3ライブ編・・晃ライブinまほろ座MACHIDA
https://akira-guitarsong.at.webry.info/201905/article_13.html

その4ライブ編・・晃ライブinまほろ座MACHIDA
https://akira-guitarsong.at.webry.info/201905/article_18.html

晃のブログに写真をアップして下さってます
https://ameblo.jp/t-akira5/entry-12456129751.html

まほろ座さんのインスタグラム
https://www.instagram.com/p/BwgzCM-p5CC/



一曲だけカバー曲
あとの全曲は
オリジナルオンリーと
(晃オリジナルだけでなくて
フィンガー5もと言う意味の
言葉も言われてました。
ですが、ほぼ
晃オリジナルで
めちゃめちゃ嬉しくて幸せでした~♪)
予告してくださった、
前半ステージは
一曲目から七曲目までは
晃オリジナル
ラスト曲に
フィンガー5をでしたが、
さて後半ステージは?

前半ステージのエレキからチェンジされての
画像


のっけからノックアウトされてしまった
オープニング曲は
Rabbit(晃オリジナル)

2つの曲をくっつけられたと
MCで教えてくれたことがありますが、

最初の曲の
英語詩での部分を
飛ばされて
いきなりワイルドに演奏からの時が
最近は多い印象ですが、

今日はその英語詩の部分も・・
ですが
スローにでなくて
テンポを速められてので
初めての聴き心地・・
カッコいい。。

大きな満月も浮かぶ
満天の星空の下で
大人版のおとぎ話の本を読んでくれているような
ラビットの世界を読んでくれているようなも
のスローな歌われ方のも
大好きですが、

今日のもカッコ良くて
気に入りました・・

そこからのガラリと曲調が変わっての
ラビットの世界に連れて行くよ
みたいな
カッコいい前奏・・
そして
めちゃカッコ良く歌われる
日本語詩での部分・・

演奏もめちゃカッコいい・・

後半ステージも
一曲目から凄すぎますよ・・

放心状態?
ノックアウトもされてました・・
ラビットの世界にどっぷりつからせてもらってました・・

次の曲は
ステキな音楽での物語の・・
千年の愛(晃オリジナル)

主人公とヒロインを
間近で見ているような・・

映画のワンシーンの
その場にいるような・・

晃オリジナルの♪星のように
のパート2に思ってもしまうこの歌・・

綺麗な降り注ぐ星空の下で・・
空気もですが
二人の鼓動も伝わって来るような・・
わたしまで鼓動が・・

あのフレーズのときは
呼吸を止めてしまっているかも・・

主人公の
ヒロインを想う気持ちに
胸もいっぱいになります・・

間奏での
エフェクターで音を変えられての
大空を駆け巡るようなもだった
晃さんのエレキソロにも聴き惚れました・・
ずっとヒロインを包むよも伝わって来るようなでした・・

初披露の時・・
詩の解釈をされようとして
やっぱりやめた
とにかく聴いてくださいみたいなことを
言われた晃さん・・

そして聴きだしたら
なんてステキ・・
言葉からでなくて
音楽で話してくれてよかったなと
思わせてもらいながら
もううっと~り
それは今現在も・・
聴かせてもらうたびに
うっとりしっぱなしです・・

次の曲は
愛依って我の命を為す(晃オリジナル)

この曲は
室町時代の悲恋物語を元に作られたそうの・・
この一曲前の
♪千年の愛にも
古典の言葉を使われてますが、

この曲でも使われて・・
初披露から何回目?
詩を変えられたのですが
その変えられた部分からの
フレーズがより良くて・・
現代の言葉から古典の言葉に・・
私はですが
一番大好きなフレーズに・・

この曲だけでなくて

音楽職人の晃さん・・
普通は出来上がったものを披露だそうと
晃さんは言われてましたが、
僕はライブで作り上げて行くって・・
立ち会うことが出来て
心から幸せだな~って思ってます・・

そして・・
歌の始まりから
涙がじわーですが
そのフレーズから
涙がどんどん・・

ラストに長く長く聴かせてくれる
エレキソロ・・

左右に移動されての
弾きまくり・・

凄いプレイの
音にメロディーに
それはそれは
聴き惚れながら
陶酔されながらの
晃さんの表情や
弾かれている姿や
魔法の手にも
魅惚れてました・・

超幸せな時間を
この時もでした・・