その4ライブ編・・晃ライブinサウンドストーンVOL.21

2018.8.19晃ライブinサウンドストーンVOL.21に行って来ました

画像


一曲限り撮影OK掲載許可でした
https://akira-guitarsong.at.webry.info/201808/article_25.html

出演者&楽器紹介・・晃ライブinサウンドストーンVOL.21
https://akira-guitarsong.at.webry.info/201808/article_26.html

曲目リスト・・晃ライブinサウンドストーンVOL.21
https://akira-guitarsong.at.webry.info/201808/article_27.html

新曲最高!!(ハート)終わったあと晃さんと(*^^*)
https://akira-guitarsong.at.webry.info/201808/article_29.html

その1ライブ編・・晃ライブinサウンドストーンVOL.21
https://akira-guitarsong.at.webry.info/201809/article_1.html

その2ライブ編・・晃ライブinサウンドストーンVOL.21
https://akira-guitarsong.at.webry.info/201809/article_2.html

その3ライブ編・・晃ライブinサウンドストーンVOL.21
https://akira-guitarsong.at.webry.info/201809/article_3.html

の続きです。

晃(元フィンガー5)公式ブログ
晃のブログに写真をアップして下さってます。
https://ameblo.jp/t-akira5/entry-12399094491.html


久しぶりにやって下さったのが
続いて嬉しいな・・

私はですが・・
暑い夏にも聴かせてもらいたい
無音の世界MUON NO SEKAI(晃オリジナル)

アコースティックバージョンのも
大好きですが・・

エレキギターバージョンも大好き・・

晃さんのエレキギターオンリーでの
ジャージャジャッ ジャージャ―ジャッ

そこから晃バンドの演奏も
入られての前奏の
晃さんのエレキの音色・メロディー・・
聴き惚れながら
癒される安らぎもの
MUON NO SEKAI
にすーっと穏やかに入って行くような・・

涼しさも・・感じるような・・

熱く男男された歌声に
酔いしれながら・・
歌声に乗せた
キュンもバクバクもしたりの詩にも
聴き惚れ・・
(初披露の時は、始まりの歌声に乗せたその詩に
お友達と同時スピーカーで
きゃあ~~~って叫んでしまった位でした♪
その後のも♪)

ああたまらない・・

海の底にあるライブ会場?
も感じたり・・

ラストの・・

長い時・・待ち続けたよ・・君のことただ一人
菩薩のように溢れだす愛 永遠に受けとめて・・
MUON NO SEKAI へ
俺は溶けて行く・・
◯〇〇の中へ・・
安らぎに包まれる

胸いっぱいにもなりました

次もたびたびお友達と話していた
すっごーーーーーく久しぶりで
やったーって感じでお顔を合わせてしまった
Feel me(晃オリジナル)

晃さんが
2005年4月に
T.AKIRA名義に改名をされた時に(現在:晃名義)
君への想い(その後、詩を少し変えられて、♪君への想いPART2 を披露されるように)
を初披露・・
その翌月の5月には、
今日のライブの二曲目に披露して下さった、
衆生所遊楽を
その翌月の6月には
うちなーを
その翌月の7月のライブで

今から聴かせて下さる
Feel me・・
を初披露でした・・

その翌月の8月からも
毎月のように
晃オリジナルを
初披露して下さった時期もありました・・
(今、現在も聴かせてくれている
晃オリジナルたちもこの頃生まれたのもあるのですよ♪
その時期は何年か続いて・・
今日、披露された
♪無音の世界MUON NO SEKAIも♪アンコールの一曲目の曲もです・・)

晃さんは、
普通だったら出来上がった物を披露するかもですが、
自分は
ライブで作り上げて行くって・・
なんて贅沢でなんて幸せ・・
だって、初披露の時に
これいいね~・・が、
次はもっと良くて
次はもっともっと良くて・・
だんだん良くなって行きますのでと
よく言われますが、
(今日も言われていて・・
なんと再びアンコールで聴かせてもらった、
晃オリジナルの新曲は、
前半ステージのラストに聴かせてもらった時に
すでにお気に入りなのに
もっともっと大好きになった程のに
されていました・・)
その時その時がいつも一番で・・
出来上がるまでを
立ち会わせてもらえるなんて
本当に贅沢でなんて幸せ・・だと思います・・

帰って来て、
曲目リストを書き込みしながら・・

ああ
晃さんにとっての原点の場所でもある
今日の会場で・・

晃さんが本格的に晃オリジナル曲作りを
再開された頃の中から
選ばれたのかな~も
思わせてもらいました・・

そして、
ピアノフューチャーもされる
(生ピアノの時にも是非聴かせてもらいたいです・・)
それも大好きな
Feel me(晃オリジナル)

初披露の時に
邦題が
僕を感じて・・

意味深な解釈も話して下さり・・

瞳を閉じて聴いてみても・・

今日も・・

時折・・瞳を閉じて・・聴き惚れ・・

音楽での
I Feel me・・

でした・・

切なさものピアノの演奏に乗せての

ラ~ララ ラ~ラ ラ~ラ ララ・・
リピートされる部分・・

途中からアレンジもされて
熱く歌われる時もありますが、

私は優しいバージョンが好き・・

今日は優しいバージョンで・・
ステキでした・・

晃さんが良く言われている
気持ち悪い音?
私達にとっては大好きですが♪
どなたも使われないそうのコード?を使われてるそうの?
(他の多々の晃オリジナルもですね♪)
この曲は特にバンド泣かせだそうで?
それなのに
やって下さって嬉しかったです・・
ありがとうございました・・
また聴かせて下さいね・・