その1平和を紡ぐ2018プラタナスコンサートin浜松に行って来ました

2018.8.16平和を紡ぐ2018プラタナスコンサート
in浜松に行って来ました
画像


晃のブログに写真をアップして下さってます。
https://ameblo.jp/t-akira5/entry-12398306987.html


昭和20年の浜松大空襲を奇跡的に生き延び
戦後は復興のシンボルとして
浜松市民に生きる勇気を与えてくれた市民の木「プラタナス」
音楽を通してプラタナスのエピソードに触れ
戦争の悲劇を繰り返すことのないよう
次世代に語り継いでいきましょう

今年の「プラチナコンサート」も
より多くの皆様にご覧いただけるよう
市民の木「プラタナス」の側で開催します
どうぞお楽しみに!

チラシより転載させてもらいました
画像



新幹線へ乗って静岡県の浜松駅へ
晃ライブに毎回のように通われている
晃の音楽の世界が大好き仲間さんのお一人の方の地元
お薦めの浜松の美味しい物の数々から
選ばせてもらったのは
浜松餃子
画像

とても美味しかったです

会場の浜松市ギャラリーモール ソラモへ行き
生き延びて今も育っている市民の木「プラタナス」の
前に設置されたステージを眺めながら
画像


プラタナスコンサートへの思いを晃が電話でお話します!
https://ameblo.jp/t-akira5/entry-12397618695.html
のラジオ出演

聴けなかったですが、
これから音楽で思いを伝えて下さるんだね・・

と思っていたときに、

リハーサルのために
ギターケースを肩に担がれて
歩いてこられた晃さん

ギターも聴かせてもらえるのですね・・
大好きなギターも聴かせてもらえる
嬉しい気持ちがこみ上げて来ました・・


ガットギターを抱えられて
ステージに出て来られた晃さん

まずは、
ギターの音響チェックを・・

涙そうそう
の前奏を弾かれた・・

夕暮れの中での・・
画像


心に沁みました・・

マイクの音響チェックも兼ねられて
ガットギターを弾かれながら
歌われたのは
やはり沖縄ソングの
19の春

胸に来ました・・

本番のような気持ちで聴き惚れさせてもらってました
(これと違うのやるからと終わったあとに
言われてました
贅沢なリハーサルを聴かせてもらえました)

カラオケでも歌われるようで
その音響チェックも兼ねられての
遠い東京から故郷・沖縄を想われながら作られたそうの
晃さんも大事に私達も大切にさせてもらっている
うちなー(晃オリジナル)

晃さんと晃バンドと晃さんの従兄の玉元善二郎さんの三線での
演奏に乗せて・・
と思ったら・・

なんと
ガットギターも重ねられて・・

あのガットギターの音色
忘れられません・・
なんて優しい・・

貴重な
うちなー(晃オリジナル)
を聴き惚れさせてもらえました・・

そして、
もう一曲
ちょっとだけ
カラオケで
学園天国
をでした

音響の方に
こんな風にして下さいとか
途中でカラオケを止めてもらって
専門用語で指示を出されたり
音楽職人の晃さん
音のこだわりをで
今日も最高な物をお客さんに届けたい
とても伝わって来ました・・

リハーサルが終わり
ステージを降りられた晃さん・・

遠めに眺めていたファン達へ

ちょっとブレイクねって
爽やかな笑みで
手も振って下さりながら
歩かれて行きました・・

リハーサルなのに
まるで本番のようなも
感じさせてもらえた晃さん・・

ホント、ちょっとブレイクだなって思わせてもらえました・・

ブレイク後の
本番が
期待でいっぱいになりました・・

・・続く・・・・・