サンデー毎日読ませてもらいました♪

デビュー40周年でリリースされた最新ベスト盤って、
Best&Nonstop フィンガー5(DVD付) [CD+DVD]の写真と

今、現在の、ホヤホヤの、
晃さんの写真

が載っていて

丸々 一ページ

晃さんのインタビュー記事でした

メンバーは、
ソウル以外やりたくないと言う位
熱狂されていたそうで、

目指した音楽はソウル・ミュージック、
または米国のポピュラーバンド
「ジャクソン5」が1960年代後半から在籍した
レコードレーベル「モータウン」系だそうですが、

当時の日本にはソウルを理解する土壌がなかったそうで、
レコード会社を移籍後、

作詞家の阿久悠先生、
作曲家の都倉俊一先生に楽曲を
お願いすることになった時は、

ソウルのイメージをつかんでもらおうと
事前に歌を聴いてもらったほどだったそうです。

そうやってフィンガー5の音楽の方向性が固まり、

初のミリオンヒット・シングル
「個人授業」(73年8月)が
発売されたそうです

発売日の前日に
NHKの番組「昼のプレゼント」
で聴かせてもらった時の魅せてもらった時の
あの衝撃は
あの光景は
今でも鮮明に憶えてますが

今の大人になった晃バージョンは、
それはそれは
カッコイイ

ミュージシャンな
晃さんのアコギ(アコースティックギター)一本でのも
ギター&ピアノバージョンも
晃バンドでのも

s4ライブや同窓会コンサートなどでの、
振り付けをされながらのダンスをされながらのも

何度聴かせてもらっても
カッコイイ。。。

今の晃さんを早く聴きに行きた~~い

込み上げて来ました


のお話の他にも、

いろいろお話をして下ってますよ