晃ライブinサウンドストーン3

2012.9.29晃ライブinサウンドストーンに行って来ました

晃ライブinサウンドストーン
晃ライブinサウンドストーン2の続きです。

開場時間になり、
ドアが開いて・・
入ってすぐの場所で
ライブハウス SOUND STONEサウンドストーンの
マスター兼ドラマーの
ラッシーさんことラッシー北中さんが受付を

そしてその横にいらした、
晃のブログの管理人もされている、
マネージャーのゆみとりさんが、
アンケート用紙と・・
前回の晃バンドライブでは、
CDうちなーのジャケットがプリントされた色紙に
【晃】の雅印とサインを直筆されたのをプレゼントしてくれましたが
今日は金の縁取りがついた色つきの色紙のを渡して下さいました

私のは緑のでした
桃色の方もいらっしゃいました

前回のも嬉しかったですが、
今回のも嬉しかったです

お忙しいのに一人一人に雅印と直筆のサイン・・
準備も大変だったと思います。
晃さん、ありがとう
色紙を見させてもらった瞬間に心の中で・・

席に着いて、
目に入ったのは、
晃さんの2本のエレキギター

白いのとT.AKIRAモデルの2本

昨年の9月にもこの場所で晃ライブをされましたが

SOUND STONE(音 石)と言うネームにちなみ、
地下にあるお店に降りる階段や、
ライブハウスの中も、
石をかたどる様な壁になっていたり、
オブジェがあったり・etc

晃ライブは、
その場所その場所での
雰囲気などとかで、
構成や曲目や・・いろいろ考えられて、
観客を音楽で楽しませてくれますが、

サウンドストーンのお店に合わされたそうで
エレキギターオンリーでした

だけど、同じエレキオンリーライブでも・・

晃ライブはどんななのかは、
始まってみないとわからないし、

始まってからも
どんなになって行くかは、
まったくわからなくて、
お楽しみで、

瞳をキラキラ輝かせて、
その時その時の音楽を楽しませてもらいながら、
ああー今の良かった~~
って余韻に浸りながら、
さあ次は?ってワクワクもで、
進んで行きます

そして毎回、毎回、新鮮

今日もでしたよ

沖縄返還から40周年・・
フィンガー5としてデビューから40周年・・
AKIRAとして音楽活動再開から10周年・・・
ですが

始まりは・・
沖縄の歌を二曲続けて・・
からでした