晃SHOCK ON LIVE3

2012.3.18晃SHOCK ON LIVEに行って来ました
コチラの続きです。

オープニングは・・

蒼い薄闇の光に包まれたステージに、
晃さんがお一人で出て来られて・・

スポットライトが放たれた中で、
アコースティックギターで弾き語りしてくれたのは・・

わーーーーー

花だけど女性にも見立てて作られたそうの・・

大好きな大好きな・・
ラナンキュラス(晃オリジナル)

静かに弾かれ出した前奏から、
幻想的で

この晃オリジナル曲だけでないのですが、
晃さん特有のメロディー、
晃さん曰く気持ち悪いメロディー?
(晃さんならではの音階惚れてます)
晃さんしか使われてないどなたも使われてないそうのコード?

歌われだしたら・・
幻想的プラス・・
うっとりで・・素敵で・・
大きなため息つきながら、
酔ってしまってました

詩を憶えているところをランダムに
(聴き間違えがあったらごめんなさいね・・)


色鮮やかに 気品(美人?)に咲くよ
僕の心をすべて取り込む

命短く 悲しい性(さが)
愛しい君
ラナンキュラス

優しく包む 甘美な香り
重なる花弁 丸々として
命の限り・・・咲く君よ

色とりどりに 可憐に咲くよ
この世のすべて 癒しの中へ

君がいること
ぼくのすべて 僕の女神

どんなときでも君をみつめて
たとえいかなることがあっても
ただ君一人愛し続ける
ラナンキュラス ラナンキュラス

あーーーあの聴かせてもらっていたときの感覚は
想い出すと今も酔ってしまいます

今日のプチガーデンのラナンキュラスです
画像


画像


画像