後楽園ホール/ボクシングリングでT.AKIRAさん★☆

2010.3.26 「GOLDEN CHILD BOXING Vol.95」(後楽園ホール)
に行って来ました

T.AKIRAさんは、特別ゲストで歌の出演をされ

 学園天国
画像


 戦うオヤジの数え歌(T.AKIRAオリジナル)
二曲をギター一本で弾き語りされました
画像


画像


終了後に皆さんと撮影タイムをしてくれた晃さんです
ギター背負っている姿もいいですね・・
フィンガー5時代も移動のバスのハッピーカーまで、
ご自分でエレキギター持たれたり背負られたりしてましたね・・想いだしました
晃さんとツーショットやスリーショットされている男性の方が多くて、
皆さん、凄く喜ばれていたのが印象的でした
画像


画像


画像


帰り道・・
ファンの方々とこんなお話も・・
晃さんがボクシングされたり、特別ゲストでライブされたり・・etc
がなかったら、
生の試合を観に行く機会なんてきっとなかったよね~って・・
おかげ様で良い体験をさせてもらっているねって

3時間以上会場にいたと思いますが、
あっという間に感じるくらいに、
白熱な迫力もある各選手の試合を観戦させてもらいました
凄いシーンも多々ありました

メイン試合の前に、
晃さん登場

まず最初に
 学園天国

" へ~イ ヘイ ヘイ へ~イ ヘイ

"ヘイ


暗黙の了解のように、
自然と会場中から、
晃さんに続いて湧き上がり
男性陣も女性陣も大きな声で
(男性ばかりかな?と思ってましたが、女性のお客さんも結構いらっしゃいました。
ボクシングって女性ファンも多いのですね)

晃さんと会場が一体になり・・
・・感動してしまいました・・・嬉しかったな。。。

とてもギター一本とは思えない、
ギタープレイでの
歌声もカッコ良かった~~

そして次は・・この歌を楽しみに来た・・・
リングの中からしかほとんど歌われてない、
 戦うオヤジの数え歌(T.AKIRAオリジナル)

晃さん特有のどなたも使われないようなコードでの
語りかけるような前奏・・
ボクシングリングの中から会場にその音は広がり・・

♪一つ 
一人の
男と生まれ
誇りを持って生きて来た

みたいな歌詞から始まりますが・・
その心に染みる歌声に・・
そこから聴き入ってしまいました

オヤジ達への応援歌・・
外では強がったり、弱みを見せないけれど、
心の内は・・

哀愁も感じたり・・
人間くささも感じたり・・・
心の葛藤も感じたり・・
じーんと来たりもしました

♪今日も歳をとってはいるが
いつでも戦う
おやじでいたい

♪気力を振り絞り
命を掛けて立ち向かう

♪どんなに
打たれ傷ついたとしても
ゴングを聴くまで
倒れはしない

リングの中から会場中に響き渡る歌声に・・
シーンと噛み締めるように聴き入っている会場・・
心に染まるように・・染みて・・広がって・・・

あーリングの中で歌われるこの歌最高・・

最後に英語の歌詞でシャウトされるように歌われて
感情をたくさん込められていて、
凄かった~~
心にバンバン来ました
高音での裏声のところもたまらなかったです

そのあとにご挨拶された方が、
"戦うオヤジの数え歌"良かったですね~~
CDになるといいですね
絶賛されてました

本当に素晴らしかったですね

ライブの前後には、晃さんも試合観戦されてました
今年も"オヤジチャレンジファイト"あるのかな
『Round1』よりも数段、ナイスパンチも技術も向上されていた『Round2』
『Round3』も・・・
オヤジファイター玉元晃も、
楽しみにしております